October 10, 2018

働き甲斐ややりがいは本人が感じるものです。直接的に提供できるものではありません。

しかし、働き甲斐ややりがいは他人からの感謝の言葉や承認などに裏付けられる「貢献できた実感」を前提に感じられます。

他人からの評価の声に基づく「貢献できた実感」を不要とするのは生き甲斐だと私は考えます。生き甲斐は他人の評価や見返りを求めないからです。

最近では、スーパーボランティアの方を見ているとよく分かります。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科の特任教授 岩本隆氏のレポートを読んでつくづく感じます。

2018年6月29日に働き方改革関連法案が可決され、企業は対応...